モンスターカレンダー

« 2009年8月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2009年8月アーカイブ

8/29(土)、スターボードの試乗会を行いました。
18940_6368_6dee4d9508[1]

今回宣伝に来てくれたのはスターボード、ライダーのTOMO
カイトボードではお馴染みの日本トップクラスのタクーンライダー。
風が吹いたらカイトでも凄いライディングを見せてくれる。

朝10時からSUP試乗会スタート。
sup090830.jpg

そして午後になると風が上がり始めカイトボードにチェンジ!
18940_6370_ebc362506f[1]


夕方風が落ちSUPに最高なコンディションに、沖に出ている数人は彼のライディングを間近に見れてかなり刺激を受けてました。
日没後まで最高の波は続き暗くなったので泣く泣く終了。かなり楽しめた1日でした。

8/30(日)
NAISHカイトボードの試乗会でしたが、あいにくのオフショアのため急遽、NAISH SUP試乗会にチェンジ。台風接近と爆風のため、いつもの河口へ。

ここは風が入らずいつでもドフラット。
初めて挑戦の青木さん、丸森さんも余裕のクルージング
sup090830 (3)

やっぱり刺激が欲しいとのことですぐに河口のウェーブポイントを目指す。
sup090830 (7)

しかーし、ちょっと波があるだけで難易度がかなりアップ↑
sup090830 (8)

いとー君、きんにくんも苦戦。
そんな中、経験者のともひろさんは小波をゲット、さすがです。
sup090830 (4)

さらにいとー君と丸森さんが一緒にゲット。
sup090830 (9)
そしてついに青木さんも微妙にゲッツ!
sup090830 (11)

防波堤から見ている女性陣は見慣れないいとー君の小鹿ちゃん姿に楽しそうでした。
sup090830 (10)

SUP

| コメント(3) | トラックバック(0)

ここ最近の風がない日はスタンドアップパドルボードを満喫しています。
といっても九十九里の波の中で沖に出れる人は数名、初めてやった人は見た目以上に難しいと言います。
そもそも初めから波のある中で挑戦すること自体がかなり難しいので、海で初トライして無理だ!と思った人は今度は川で再チャレンジしてみましょう。
sup (3)
かなり簡単に立ててしまって楽しめますよー。
sup (6)


昨日は川の河口から上流に向け出発(徳さん初トライ)
sup090823 (3)
約1km上流のポイントでメンバーチェンジ、
sup090823 (4)

写真手前、初トライの小鹿ちゃんに注目!
sup090823 (2)


途中ぐっさんとちょが交代、たんたんとちょはこのまま海にでて波を超えアウトに出てカイトビーチまでたどり着きました。

でかい波を超えてアウトに出ることは何回か練習しないと難しいものですが、そんな中S家の奥様は3回目で本須賀―五木田間の3kmをクルージングしてしまった。

挑戦したい方、声掛けてくださいねー。

今夜も心づくしの料理でおもてなし。
看板シェフのタケルより、今夜のメニューを紹介いたします。

「たことシラスの青野菜ビッグエアーサラダ!!」
たことシラス、えんどう豆と水菜のサラダ。
正に味のエアリアル、山盛りサラダが"Bigエアー”のイメージを彷彿とさせます。
F1000307.jpg


「新鮮ホタテのチャレンジフロントロール刺身!!」
帆立のお刺身。
フレッシュな帆立が、最近練習し始めた
フロントロールのチャレンジ心を刺激します。
F1000306.jpg


「旬の初さんま、脂ノリノリライディング刺身!!」
さんまお刺身。
プリプリのさんまの脂でスベりそう!
やったね、タケルくんこれで明日もノリノリライディング!!
F1000309.jpg


「ピーマンと牛肉のエノキを添えた複合技炒め!!」
ピーマンと牛肉のえのき添え炒め物。
豪華食材の併せ技で、高度な味のマニューバーをリアライズ!
F1000308.jpg


これで、お一人様 ¥850-
朝食付き

みんなもっともっと泊まってください~!! 
By.とても酔っ払ったタケル

F1000311.jpg
全部並べると、どこかのお店のコース料理のようです。豪華絢爛!!

どうもご馳走様でした。いつもありがとうタケルくん。
ちなみに今週土曜日はユージ、タクちゃん、タケルで船釣りに行くそうです。

・・・土曜日も美味しいお魚パーティ!?頂きま~す!!
   果たして釣果は如何ほどでしょうか??


カイトボードとカイトサーフィンスクールのリアルカイト東京,千葉,九十九里
http://www.realkite.com

/かわじ

良い風吹きました。
リアルカイトメンバーも集合!!
みんなそれぞれ課題があって、いい練習出来たと思います。
久々ガッツリのぐっさんも、勘を取り戻すのに一生懸命やってました~。

うまく出来ないことにチャレンジするのって、
凹んだりすることもあるけれど、出来るようになるまでの
小さな成功体験を積み重ねるプロセスがとても面白いので、
大好きです。

今回は特にいつもの九十九里で会う以外のカイトボーダーとのセッション!
とても良い刺激をもらいました。

モーブ練習中が4人!、アンフックやってる人が多数ってスゴイ!
関東のカイトボードシーンもアツっいな~って思いました。もっともっと盛り上がっていきたいです。

完着あんまりないイタそうな動画です。
かな~り攻め攻め ガンバリマシタ&オモシロかった~!!
また一緒に乗りたいですね~!!


カイトボードとカイトサーフィンスクールのリアルカイト東京,千葉,九十九里
http://www.realkite.com


/かわじ

今年も新しいFUELが届いた。
fuel20101.jpg

FUELカイトを使って何年になるのだろう?毎年の進化には驚かされるが、基本のフィーリングは昔と変わらないのが使い続けている理由なのでは。
Cの形をしたこのCカイトは昔とあまり変わらない見た目なのだが、最近この手の形が少ないため逆に珍しがられることもあるくらいです。
Slingshot2.jpg

Cカイト特有のダイレクトなレスポンスとパワー感、そしてエアーしたときに上空に引っ張られるGはFUEL独特のもので他のカイトでは味合うことが出来ません。
09モデルはこのパワーをコントロールするのにはシビアな操作が必要でしたが、今年の2010モデルは気を使わずに操作が出来てしまう。にもかかわらずエアーの高さ、飛距離、滞空時間がかなりアップし、上空でカイトが安定しているため恐怖心がない。
daiair.jpg

さらに驚いたのは風域が広くなったこと。
昨年はオーバーになると抑えるのに大変、しかし今年のものはデパワーは簡単、そして今まで13~15㎡を使う微風でも11㎡で乗れてしまうくらいアンダーに強い。

Cカイトは、ボウカイトやSLEカイトと比較すると、カイトの動き、操作の仕方、パワーの伝わり方はまるで違います。
Cカイトはその形から風の受け方が均一なのと、その中でFUELはフロントラインの分かれ目がバーに近いのでカイトを振り回してもパワーが一定でダイレクトにバーに伝わります。
これらの良し悪しは人それぞれですが、アンフックトリックを楽しみたいなら是非Cカイトを試してみてはいかがでしょうか?

fuel10.jpg

とにかく今年の2010 FUELカイトは試してみないと伝わりません。
一度是非試乗してみてください。
きっと驚きますよー!

カイトボードとカイトサーフィンスクールのリアルカイト東京,千葉,九十九里
http://www.realkite.com


Dai Kaneko

MT42BlogBetaInner

ウェブページ